出産 妊娠・出産・産後

【ドキドキの出産!!】出産体験記:1人目の時

このページでは、1人目の出産時の様子について書いています。

こんな方におすすめ

  • 出産体験記を読みたい方
  • お産の始まりや、出産の流れを知りたい方

こんにちは、岬です。

前回は、出産の兆候とお産の始まりについて書きました。

今回は、実際に、岬の場合1人目の出産がどんなかんじで始まったのか、どう進んだのかを書いていきたいと思います。

お産の始まり:予定日6日前

予定日6日前、夢を見ました。
小さな子が、「今からでまーす!」と元気に言っていました・・・。

その日は休日でしたが、夫は仕事の日でした。
「こんな夢見たよ~でも予定日までかなりあるよね~。おしるしとか前駆陣痛とかもないしね~。」なんて言いながら、両親と妹と買い物へ。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f7b6445fa231f61641c2051c4adc3c58.jpg昼過ぎ、ホームセンターで買い物をしていた時、ギュン!というはっきりとした痛みが走りました・・・。

これは今までの痛みと何かが違う!!

でも、それっきり来ない・・・。

あれは何だったんだろうな、ちょっと様子見だな・・・と買い物を続けていました。

でもそれは、1時間後にまた来たのです。
両親と妹と中華料理屋さんで遅めのお昼ご飯を食べている最中に、ズキン、と腰の痛み。

うーん・・・。

1時間ごとにくる。痛みが続くわけでもないけど1時間ごとにくる・・・。

腰の右側が、、、痛い。

痛みと痛みの間はまったく痛くないのに、いきなりガンとくるのです。
黙って耐える時間が少しだけ続いて、パッと痛みがなくなる。

これはこのまま陣痛がはじまるかもしれない!準備しておかないと!そうしたらきっと夕飯は作れない!と思い、ハンバーガーを買って帰りました。

実は、1週間くらい前から「〇日の夜か、その次の日ならパパが立ち会えるよ~。」とおなかの子に話しかけていました。
まさか、本当にその日に痛みが来るとは・・・。

お産の始まり:陣痛と確信!

まだまだ間隔は縮まりませんが、規則的に、確実に痛みがきます。

夕方になり、夫も帰ってきました。
でもまだ間隔は30分~40分。

初産だったので、痛みが5分間隔になったら病院に連絡してくださいと言われていました。

まだまだだ・・・。
よし、ここは、借りてあったDVDを観よう!
このまま出産になったら観ずに返すことになってしまう。

ということで、観ました。
なんと、「笑ってはいけない」シリーズを・・・。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0419d22b1c02085b5d0a3b31043a5742.jpg笑ってはいけない~をみて大笑いする妊婦。(陣痛中)

おなかに力が入らないように、、、できるわけないです!
笑いの力で陣痛が進んだのか!?だんだん痛みの間隔が狭まってきました。

1本見終わって、痛みの間隔が10~15分間隔・・・。

シャワーを浴びて、陣痛バッグを用意して、あとは5分間隔になったら病院に電話して向かうだけにしておきました。
なんかもう、けっこう痛くなってきたぞ・・・。

と間隔を測ると5~7分間隔くらい。

初めての陣痛で痛みレベルが分からず、もうかなり痛い!と思ったので、病院に電話し一度みてもらうことになりました。

夜8時くらいだったと思います。
初めて入る病棟でNST(赤ちゃんの心拍や、ママのおなかの張りを確認する検査)や診察を受けました。
助産師さん
まだちょっとかかりそうだな・・・。
子宮口も開いてないし・・・。
まだ時間がかかると思うので、一度おうちに帰った方がいいと思いますよ。

・・・わかりました。一度家に帰ります。(本当は帰りたくないけど)

「じゃ帰り道に、陣痛室に持って入るものを補充しよう」とコンビニに寄って、おにぎりを買い足しました。
そして一度帰宅。

家に入った瞬間でした。
痛みがレベルアップ!!さっきとは違う!!
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 16b4a55f2aed614f5a3613d8e89c3397.jpg
あーなんで!今帰ってきたばっかり!でもすぐ、電話だ!病院に行かなきゃ!!


病院に着いても、さっきのように歩けず、痛みが来ては立ち止まって耐え、痛みがすぎると足早に向かう!
これを繰り返してさっきまでいた診察室にたどり着きました。

その時は「いい張り(陣痛)がきている」ということで、午後11時ころにそのまま入院となりました。

いよいよ入院、陣痛室へ!

まず、陣痛室で子宮口が全開大になるまで痛みに耐えます。

私は腰に一番痛みを感じました。
腰をでかい金づちで殴られているような、そんな痛みでした。


想像以上の痛みでわけがわからず、陣痛室にあった機械を殴りそうになって夫に止められる。
痛みが来たら、「痛い!痛い!」と叫んで逃す。
「今は痛くないけど、もうすぐ痛いの来そうです!!」と大声で実況する。

痛みで自然に体に力が入り、いきみそうになるので、夫にテニスボールをあてて押してもらっていました。
夫の腕もつかんでいたらしいのですが、ものすごい力だったそうです・・・。

折れるかと思うくらい痛かったけど「痛い」って言ったら絶対ダメだ!!と思って耐えたよ・・・。
あと、陣痛に耐える妻の顔に青筋(血管)が浮かんでいて、「これ、大丈夫なのか??」と心配だったな・・・。

痛みと痛みの間は意識がとんでいたと思います。
子宮口の開き具合を助産師さんが確認してくれるのですが、そのたびに、痛みがレベルアップ!
「あー(痛みが)くるくる!」というところで現実に戻り、痛さを思いっきり感じてまた「ふっ」と意識がとぶ・・・。
これを繰り返していました。

その意識がとんでいる時に1度、死んだおばあちゃんが出てきてくれました。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4ca10655f1c21354ba97de71a513a6b3.jpgば、ばーちゃん・・・!
見守られているような、応援されているような、不思議な感覚になったのです・・・。
心配して、見に来てくれたのかも・・・。

陣痛室に入って3時間くらいで子宮口が全開になり、分娩室に移動になりました。

やっと行ける!分娩室へ!!

分娩室へは、自分で歩いていって、自分で分娩台に乗ります。
もうその時は痛みと疲労でうまく動けないのですが、分娩台までこれた(もう産んでもいい状態になった)ことが嬉しくてたまりませんでした。

分娩台の上で助産師さんの合図に合わせていきむのですが、なかなか破水しない・・・。
痛みはMAXなのに、進まない。
赤ちゃんを包む膜が破れないと、赤ちゃんは出てきません・・・。
人工破水(先生が卵膜を破る処置)となったのですが、なかなか破れなかったようです。
(後で助産師さんから聞きました。)

会陰切開もしてもらいました。
友達が出産時にひどく裂けてしまって、大変だったと言っていたので、事前に「必要であれば会陰切開をしてください」とお願いしていたのです。

会陰切開は、なーんにも痛くありませんでした。
陣痛が痛すぎて、チョッキンと切られても何も感じないくらいでした。

ついに、誕生!!

人工破水の後、おなかに力が入れやすくなった感じがしました。
「赤ちゃん、がんばれ~!!!」と叫びながらいきむ!
3回くらいいきんだら赤ちゃんの頭が出てきました!
頭が出たら、あとはつるんと!!

い、痛いの終わった~!!!!!

直後に、ものすごい充実感。

バースプランで書いていたカンガルーケアもできました。
入院から4時間程で出産となりましたが、陣痛の進みが早かった分、その痛みについていくのに必死でした。

出産後の会陰縫合は、痛かったです・・・。
陣痛とは違うタイプの、局所的な痛みで「痛いの終わったと思ったのにまた痛いの来た!」という衝撃がでかかった・・・。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b545f6be21602c849fc7446fb1c9a29d.jpg初めて知った、生まれたばかりの赤ちゃんのにおい、皮膚のやわらかさ。

自分とは全く違う人格の人間が、自分の中から生まれてきたことが不思議でした。

出産後は分娩台の上で2時間ほど休むのですが、筋肉痛がもう来ていました。
疲れてヘトヘト、疲れすぎて何も食べられないくらい。

分娩台の上で、世界中のすべてのお母さんを尊敬しました。

子どもが生まれた瞬間、「本当に人が生まれてきた」と目の前の事実に驚き、同時にものすごい責任を感じました。

さて、初めての出産を経験し、次の出産時はどうだったのでしょう。
次回のドキドキの出産シリーズは「出産本番!岬の場合:2人目の時」です。

思い出しながら書いているだけで、ドキドキしてくるな・・・。

                         
ブログランキング・にほんブログ村へ

-出産, 妊娠・出産・産後
-, , ,

Copyright © 2020 育児リズム。 , All Rights Reserved.