出産 妊娠・出産・産後

【ドキドキの出産!!】出産体験記:2人目の時

このページでは2人目の出産時の様子について書いています。

こんな方におすすめ

  • 出産体験記を読みたい方
  • お産の始まりや、出産の流れを知りたい方

こんにちは、岬です。

前回は、1人目の時の出産体験談を書かせていただきました。



今回は2人目の出産エピソードを書かせていただきます。

お産の始まり:予定日5日前

その日は39週の妊婦健診の日でした。

1人目が予定日5日前の39週に生まれていたのもあって、なんとなく、その週に生まれるのではないかなぁと思っていました。

朝9時ころの健診だったのですが、先生と「体重もあるし、もうそろそろ生まれてもいいよね!」という話に。
そして、内診の時

主治医
ちょっと、痛いよ~。

え、、、はい・・・。

そして、あの有名な、内診グリグリを・・・!!
(内診グリグリ・・・先生が、手で赤ちゃんを包む卵膜を、子宮口近くの子宮壁からはがすこと)

お、おーう・・・。痛かった・・・。
初めて内診グリグリ受けた!血もちょっと出てきたぞ・・・。


これはもう陣痛来るんじゃないのか!?(単純)という気持ちで帰宅しました。

むしろ、これで「夫も休みで立ち会える日だし、今日陣痛来い!!」と思っていました。

お産の始まり:陣痛と焼き肉

お昼過ぎだったでしょうか。
本当に、健診から帰ってきてそんなに経たないくらいで、「ギュン」という腰の痛み。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 11ae25f43e1ce1442157ddb9d309afa4.jpg一気に青ざめました。
1人目の時の陣痛を思い出す痛みだったのです。

あぁ・・・忘れてたけど、こんな痛みだったーーー!!

と、少し焦りましたが、そこは2人目。
1人目の出産をふまえて様々な対策をうっていました。



すぐに気持ちを整えなおしました。
1時間待ってみて、同じ痛みが来たのをもって「これは陣痛につながりそうだ」と確信!

そして、行く。

いざ、焼き肉食べ放題!!
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bd73af23f1b5b6055b7b18909d6fb810-1024x626.jpg
陣痛バッグを車に乗せて、家族で焼き肉食べ放題に行きました!!

「焼き肉を食べると陣痛が進む」なんていうジンクスがあるようですが、私の場合はそのために行ったのではありません。

出産すると、焼き肉が食べられなくなるからです!(私の場合)
好きな物が当分の間、食べられなくなるからです!(私の場合)

1人目出産後、乳腺炎に悩まされ、油の多い物やお肉、甘い物、ほとんど食べられなくなりました。
それは、子どもが1歳半ころまで続きました。


食べられなくなるのなら、今食べておこう!!
満足した状態で、授乳生活にはいろう!!


大好きなホルモンを食べ、ご飯を食べ、デザートも食べました。(陣痛中)

30~40分おきに来る痛みは、黙って止まって耐える。

そして、食べる!!
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f1c39a711b4e8e05a91bff842a796b12-1024x896.jpg
あ~満足した!心も体も準備万端!

というところで間隔は30~20分。

一旦家に帰り、身支度を整えて、12~15分間隔になったころに、夫の運転で病院の近くまで行くことにしました。

経産婦は10分間隔になったら病院に連絡することになっています。

ただ、私は前回「初産なのに入院してから4時間で出産」という比較的早い出産だったことから、
助産師さん
2人目はもっと早い可能性があるから、10分じゃちょっと間に合わないかもしれないね。
とにかく10分間隔くらいになったら、すぐ病院に来てね!
10分間隔じゃなくても、危ないと思ったらすぐに連絡してね!!

と言われていました。

一気に進んだらどうしよう・・・と不安になり、少しでも病院に近いところで陣痛に耐えることに。
向かう途中でほぼ10分間隔になりました。
やっぱり進むの早そうだな・・・。
出発していてよかった・・・。


お腹が緩くなるパターンの陣痛か、食べすぎか分からないけれど、何度かトイレに。
病院に連絡し、診察を受け、入院となりました。

夜の7時過ぎでした。

陣痛室へ!

前回と同じ痛みが数分おきにやってきます。

でも、前回とは違います。

クラリセージのオイルを垂らしたタオルに顔をうずめ、やさしいオルゴールの音楽を聴き、ソフロロジーの呼吸法でいきみを逃します。

痛いんですよ、ものすごく。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 86132201cffbfac419c8936794b8e6fe-1024x730.jpg
でも、痛いは痛いのですが、ソフロロジー法を実践しており「その痛みは、赤ちゃんを産むための素晴らしいパワー」と前向きにとらえているので、前回のような苦痛は感じません。加えて、クラリセージが陣痛の痛みを和らげてくれる!という心強さ。(単純)

1人目の時のように、「痛ーーーい!!!」と叫ぶこともありません。

痛みを感じる時は、ひたすら、息を長く吐くように意識しました。
(痛みMAXの時は、吐くというより「フー!!」と口に出して言っていましたが・・・。)

夫にも、前回同様痛みに合わせて「せーのっ!」と合図をして、テニスボールで押してもらいました。

陣痛室で担当してくれた助産師さんが、顔見知りの助産師さんだったこともあり、安心感もあってか、うまくいきみを逃せていたと思います。

分娩室へ!!

陣痛室に入って2時間後、分娩室に移動!

1人目の時と同じく、何度かいきみましたが破水せず「前回破れにくくて、人工破水でした」と伝えたら、すぐに人工破水となりました。

破水したら「もう産める!もうすぐ、赤ちゃん生まれてくるぞ!!」と、気持ちが高揚しました。

いきむぞ、という時に、助産師さんが、ぐいーーーっと、会陰部分を伸ばしてくれていた気がします。
そのおかげか、会陰切開はせずに済みました。

そして誕生!!

破水してからは、「赤ちゃんがんばれ~!」と言いながら2~3回くらいいきんだくらいで、赤ちゃんの頭が出てきました。
そのあとは、つるんと!!

「あぁ、今回は上手に産めた気がする。あと1回!!」
直後にそう思いました。

子どもは3人を希望していたこと、今回は満足のいく出産にしたいと思っていたこと。
その思いから、出産直後はこのような気持ちになったのだと思います。

赤ちゃんの可愛さと、満足な出産ができたことで、充実感がいっぱいでした。

カンガルーケアの時、1人目の時にできなかった「生まれてすぐの授乳」もしてみました。
生まれたばかりなのに、上手に吸えていて、びっくり!!

生まれた子はずっしりとしていて力強く、胸いっぱいに生命力を感じました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b545f6be21602c849fc7446fb1c9a29d.jpgやはり、2度目は流れが分かっている分、1人目の時とは出産に臨む心構えも意識もまったく違いました!

分娩台に乗って30分後、入院してから2時間半後に出産となりました。

会陰部分も少し裂けたくらいで、ちょこっと縫ってもらって終了。
ソフロロジー法を実践したことで体に力が必要以上に入らなかったためか、産んだ後も、1人目の時ほどぐったりすることはありませんでした。

立ち会い2度目の夫も、1人目の時よりも慣れていて頼もしかったです。

(キレられなくてよかった・・・。)


次回のドキドキの出産シリーズ出産体験談は「双子の時」です。
出産自体は2度経験していますが、双子の出産は初めてですからね・・・。

【ドキドキの出産!!】出産体験記:双子の時

このページでは双子の出産時の様子について書いています。 こんな方におすすめ 出産体験記を読みたい方 双子の出産について知りたい方 双子の自然分娩や無痛分娩について悩んでいる方 こんにちは、岬です。1人 ...

続きを見る

 

                         
ブログランキング・にほんブログ村へ

-出産, 妊娠・出産・産後
-, ,

Copyright © 2020 育児リズム。 , All Rights Reserved.