仕事 生活 生活・仕事

【子ども5人との生活】共働き(激務)だった時の生活編

このページでは、私が激務系ワーキングマザーとして働いていた時の生活について書いています。

こんな方におすすめ

  • 子どもがいる共働きの生活と、その乗り切り方やコツを知りたい方
  • 「共働きにしよう」「共働きをやめよう」と思っている方
  • 「子ども5人・核家族・共働き」の生活をのぞき見したい方

こんにちは、岬です。

私は、この夏まで、当直もある激務な職場で働いていました。

責任も大きかった・・・。

やりがいはありましたが、家族の負担も私の負担も大きく、家族との時間が大切だった私は悩んだ末に退職しました。

働いている時に周りから「どうやって生活しているの??」とよく聞かれていたので、今回は私が働いていた時の生活を書いてみることにします。

新卒から十数年

多忙な日々でした。

子どもを産んで育休をとり、子どもが1歳半の時に保育園に入れることになり職場復帰。
2人目3人目・・・と同じようにして、職場復帰・・・。

時短勤務の時もあり、1時間ほど早く帰れたのですが、背負う重責は同じ。

忙殺されていました。
仕事も育児も手は抜けない。

家事だけは・・・手を抜いていました。
そうでないと、倒れてしまっていたからです。

実際、過労で一週間ほど起き上がれなかった時も。

で、そんな毎日をどうやって乗り越えてきたかというと・・・。

共働き(激務)の時の毎日の乗り越え方!!:岬の場合

 

家族みんなで家事をして、家族みんなで生活する

「お母さんだけが家のことをしていればいい」という考えの家族だったら、私は今ここにいられなかったと思います。

私の家では、みんなそれぞれ役割を与えられ、各自任務を遂行し、余力があれば他の人を助ける。

こういう仕組みができていました。

だから、私が当直勤務の時も、家は回っていたのです。
これができていなければ、他でどれだけバランスをとろうとしても、倒れていたと思います。

「大人だろうが子どもだろうが、家族それぞれが自分のことはもちろん、それにプラスして家事もする。」
これにつきます。

本当に家族みんなに感謝です。

お金で労力と時間を買う。(疲れ&時間不足対策)

外食する・デリバリーを頼む

高速道路・新幹線・フェリーを使う

有料のレジャーを楽しむ

1品2品お惣菜を買う・お弁当を買う

などなど。

育児が本当に本当に大変な時期(双子乳児期)があり、「とにかく辛い時は、労力と時間をお金で買おう。じゃないと本気でヤバイ!」と思っていました。
その時ばかりは、目の前の子どもたちを育てることと、自分が過労で死なないようにするのに必死で、貯金や家計なんて考える暇はありませんでした。

ストレスを発散する。(責任の重い職業だったためストレスが半端ない。)

私の趣味のひとつ、ドライブ&旅行!!

泊りも日帰りも!!
教養にもなるし、ストレス発散にもなるし、家族みんな好きだし。
あと何ヶ月、何週間、何日と、ドライブや旅行を目標に毎日を乗り切ってきました・・・。

お金はすごくかかったけど、経験もできたし教養にもなるし思い出にもなりました。

これに関しては後悔はひとつもありません!!

でも、何度も言いますが、お金はでていきました。

私の趣味のひとつ、ウインドウショッピング!!

これ、ストレスがたまっている時は、ウインドウが外れてしまいます。

「稼いでいるから」という気持ちも手伝って、ショッピングになってしまいます・・・。

欲しいものを見つけると、がんばっているから、少しなら、ご褒美に、など、何かと理由をつけては買っていました。

また、興味のあるジャンルが多いんです・・・。
中には、高価なものも・・・。

自分の物だけでなく、子どもの服や本、おもちゃもたくさん。

「やるべき時にやる」という意識もあって、タイミングを逃したくなかったのもあります。
私の父が、「若い時にしかできない〇〇を、あの時にやっておけばよかった」とよく言っていました。

子どもに関しても、「これを今経験しておけば、今後役に立ったり、思考の基礎作りができたりするかも。」と思える物はどんどん購入していました。

このショッピングに関しては、後悔あったりなかったり。

子どもにいろいろな経験をさせてあげられた!
長く使える、良いものが手に入った!
お気に入りの物を見つけられた!

など、よかったとも思うし、
うまく使えず無駄だったな・・・。
他の物で代用できたな・・・。

と後悔することも。

こんな感じで忙しい毎日をすごしてきましたが、ドライブ・旅行・ショッピングと、ものすごくお金がかかりました。
スポーツも大好きなんですが、子どもがいると目が離せないので、運動でのストレス発散はできませんでした・・・。

家計は・・・:岬の場合

入ってはくるのに、ほとんど出て行ってしまっていましたね。

貯金も、思うようにできませんでした。

決してお金のことを考えなかったわけではないんです。
考えていたけど、計算していたけど、その通りにはできなかった。

育児家庭と仕事と健康のバランスをとるのに必死で、そのためにお金を使っていたのです。

もう一度言いますが、これは、あくまでも岬の場合です。
働いている方が貯金できるに決まってる!って方の方が多いのではないでしょうか。
どんなに多忙でも、どんなに激務でも、貯金上手なママさんはいらっしゃいます。
尊敬します!!

過労から、いくつもの病気を発症し、医療費もかなりかかりました・・・。
被服費や美容費、交際費もかなりかかっていたよね。
みさきち
お仕事してると、必要なのよ・・・。

おわりに

私が激務系ワーキングマザーだった時の生活について少し書いてみました。

「核家族共働き子どもあり」の生活において、一番大切なことは

「大人だろうが子どもだろうが、自分のことはもちろん、それにプラスして、できる家事をすすんでやる。」
これです。

「思いやりをもって、みんなで生活する」ということです。

仕事もうまく調整してできれば両立もできたかもしれませんが、不器用な私はできずに、自分の価値観を再確認した上で退職を選びました。

次回は、退職したら生活はどう変わったか?について書いてみたいと思います。

                         
ブログランキング・にほんブログ村へ

-仕事, 生活, 生活・仕事

Copyright © 2020 育児リズム。 , All Rights Reserved.