妊娠 妊娠・出産・産後

【妊娠中コレがつらかった!!】妊娠糖尿病編

このページでは妊娠糖尿病について書いています。

こんな方におすすめ

  • 妊娠糖尿病と診断された方
  • 妊娠糖尿病って、食べ過ぎでなると思っている方
  • 妊娠糖尿病の基準、治療方法を知りたい方

こんにちは、岬です。

今まで何度か書かせていただいていますが、双子の時と末っ子の時の2回、妊娠糖尿病と診断されています。
実は、私の母の家系は糖尿家系で、母も糖尿病を患っています。

自分でも、意識はしていたんですが、毎年の健康診断では血糖値はひっかかったことがなかったので、妊娠中の血糖検査でもそんなに深く考えずに受けていました。

しかし・・・
双子の妊娠中の検査で、、、血糖値が基準よりも高い数値がついてしまい、その後の糖負荷検査でも基準値超えてしまい妊娠糖尿病と診断されてしまいました・・・。


それでは、どのような検査があるのか、妊娠糖尿病と診断されたら?出産後は?岬の場合は?について書いていきますね。

妊娠糖尿病について


こみさき
ここでは、妊娠糖尿病についての説明は省略させていただきます。
他サイトの医師監修の記事を参考にしてください。

妊娠糖尿病の検査

50gGCT(グルコースチャレンジテスト)と呼ばれる検査で、基準値を超えてしまうと、75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験)を受けて、基準値を超えると妊娠糖尿病と診断されます。

50gGCT(グルコースチャレンジテスト)は、私の病院では全員実施でしたが、病院によって異なるようです。

ブドウ糖が入ったソーダ水を飲み、空腹時、30分後、1時間後、2時間後などの血糖を測定します。
(*50gGCTと75gOGTTや、検査する病院ごとに何分後に採血するかは異なります)

それぞれ、血糖基準値があって、それを超えてしまうと妊娠糖尿病と診断されます。

ソーダ水を飲んだあと、血糖値が上がってくると、病院内でも横たわりたくなるくらいだるくなりました。

妊娠糖尿病:岬の場合

双子の時

妊娠糖尿病と診断される

双子の時は、初期の検査では血糖値は基準値内だったものの、27週の50gGCTでひっかかり、75gOGTTで、1時間値と2時間値がそれぞれプラス10くらいで妊娠糖尿病と診断されました。

まさか基準値を2つも超えてしまうなんて・・・とショックを受けました・・・。

ただ、私の母親が糖尿病を患っており、さらに、妊娠糖尿病だったとも聞いていたので、その因子はあったのだと、納得する気持ちもありました。

私が通っていた病院では、妊娠糖尿病と診断されると「内分泌内科」で先生の診察を受けるように言われます。

主治医
(この数値で)なんで来たの??

産科から行けって言われたから来たんです・・・。

一番高いものでも、血糖値が200もなかったので、糖尿病で内分泌内科に通院している患者さんと比べるとかなり低い値だったようです。
インスリン注射の必要はないとのことで、食事療法などで様子を見ていくことになりました。

主治医
ほとんどの人は出産したら元に戻るから、そんなに心配することはないと思いますよ。

とも言われて、少し気持ちが楽になりました。

管理入院

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3ffea24d1a8f5cf5a85b0820178135a6-523x1024.jpg双胎妊娠の場合、切迫早産などの症状が何もなくても、9ヶ月に入ったら1ヶ月ほど管理入院する病院でした。

主治医
せっかくだから、管理入院中は血糖測定と食事管理(糖尿病食プラス間食)しましょう!

血糖測定
血糖測定は、毎食前と、就寝前に測定していた記憶があります。
指をアルコール消毒し、パチッと針が出る機械で指に小さな穴をあけ、血を出します。
測定器の端にその血を付けると、血糖が測定されるのです。

この穴をあけるのが、地味にストレスでした。
ツンと痛い時もあり、自分を傷つけている感覚もあり、血糖値が高くなってないかなという不安もあり・・・。
そんなグラグラな気持ちで指に穴を開けるのが、なんだか辛かったですね・・・。

回数も多いので、指も数本、肌荒れしていました。

糖尿食・間食
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7c3cde1d8d72fd04c0dcdbeded488cd6-1024x497.jpgちょこちょこ食べることで急激な血糖の上昇を防ぐことができるので、食事は糖尿食ですが、昼食と夕食の間と就寝前に間食がありました。
ウエハース、ビスケット、牛乳など。

普段は楽しい嬉しいはずのおやつがその時の私にとっては、苦痛でした・・・。

双胎妊娠後期は、おなかがとても大きくなっていて、食べるのもつらくなっていました。
その上、口の中の水分が奪われる食べ物が苦手な私にとって、ビスケットやウエハースはつらかったのです・・・。
贅沢な!食べなさい!!と言われるのも分かりますが、本当に間食の時間が来るのがつらかったのです・・・。

その他のおやつは一切食べず、食事と間食のおやつ以外は何も食べませんでした。
血糖値が上がってしまうのが怖くて食べられませんでした。

妊娠糖尿でしたが、双子妊娠中は尿糖も尿蛋白も「+」になったことはありませんでした。

末っ子の時

妊娠糖尿病と診断される

末っ子の時も初期の検査では血糖値は基準値内だったものの、またも28週の50gGCTでひっかかり、75gOGTTで、2時間値がプラス10くらいで診断されたと記憶しています。

末っ子の時は、「ですよね。前回そうだったから、今回もそうですよね。」と思っていました。

前回同様、内分泌内科を受診しました。
主治医
(この数値で)なんで来たの??

(双子の時とは違う先生なのに、同じこと言われた!)
産科から行けって言われたから来たんです・・・。

管理入院ではなかったので、「おうちで血糖値に気を付けて生活してください。出産したら3ヶ月後にもう一度検査をします。」とだけ言われて帰ってきました。

家での食事療法

基準値を超えてはいたものの、双子の時と比べると、そこまで高くなかったので、自分で糖尿病食を作ったり運動したりして血糖コントロールしてみようという気持ちでした。

母が糖尿病を患っていて、母のために糖尿食を作っていた妹にいろいろ教えてもらいました。
作ってもらうことも!妹に感謝です!

糖尿病食を作ったり食べたりすることは、私はまったくつらくありませんでした。

「これなら食べられる」「これだけ食べてもいいんだ」と思えると、おいしく食べられました!
玄米も好きだし、野菜も好きだし。

チョコレートや果物は好きですが、食べなくても(少なくても)平気でした。
末っ子妊娠中は、尿糖は一度も「+」になりませんでした。
尿たんぱくは39週の健診時の1回のみ「+」でした。

妊娠糖尿病と診断されて、他につらかったこと

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 39786ad56fafa4429687182768c44bf2-1024x768.jpg
妊娠糖尿病と診断されてつらかったことは他にもあります。

「食べ過ぎ~」「いいもの食べてるんじゃないの」「子どもの分まで食べてるんじゃないの」
と言われること
です・・・。

むしろ糖負荷検査の時なんかは、食べられない時期だったので、言われると「え~・・・むしろ食べれてないのに・・・!」と思っていました。


糖尿病と聞くと、「ぜいたくしてる」「食べ過ぎている」というイメージが先立つのでしょうね。
様々な因子によって発症するのに、「食生活のみが原因で発症する」と思われることはつらかったですね。

妊娠糖尿病、出産後は・・・


出産後は、インスリンを抑制していた妊娠性のホルモンが急減するので、糖代謝が正常に戻ることがほとんどだそうです。
出産後は再度検査を受けて、糖代謝が正常に戻ったかを確認します。

ただ、妊娠糖尿病だった場合、産後の検査で正常であっても、妊娠中正常血糖だった場合と比べて7.4倍「糖尿病になりやすい」と言われています。

私も双子の時と末っ子の時、いずれも出産の3ヶ月後に75gOGTTを受けました。

あの妊娠中の数値はなんだったのかと思うほど、数値が低く、安心したのを覚えています。


でも油断はできません。
妊娠糖尿病だったため、今後も気を付けていく必要があります。

みさきち
出産後から検査を受けるまでの3ヶ月間、血糖値を気にして、ピリピリしていたよね。

うん・・・。血糖値高いままだったら思うと不安で不安で・・・。

おわりに


妊娠糖尿病は空腹時血糖は糖尿病よりも厳しい基準となっています。
(空腹時血糖・・・妊娠糖尿基準値92以下、糖尿病110以下)

2010年には「75gGOTTで、3つの値うち2つ該当で診断→3つの値のうち1つ該当で診断」と基準が厳しくなったようですね。
結果、頻度は4倍、全妊婦さんの約10%が該当するようになったそうです・・・。

検査費用もかかりますし(3割負担で75gGOTT検査1回3540円でした。)妊娠中の通院もなかなかきついです。
糖負荷検査で、血糖が上がりやすいと疑われる人が、あまーいソーダ水を飲むこともかなりの負担に・・・。

飲んだ後は、気分が悪く、だるくなり、ぐったりします・・・。

こみさき
他の病院に通ってた友達は、糖負荷検査は1回も受けてないと言っていたね。
病院によって、ばらつきがあるのかな?

妊娠糖尿と診断されて、いろいろと思うことはありましたが、「将来糖尿病になってしまう可能性が高いよ!気をつけてね。」と教えてもらったと、前向きにとらえることにしました!! 
実際、今は、食べ物に気を付けたり、漢方のお茶を飲んだり、ウォーキングをしたりして、糖尿病にならないように意識することができています。

妊娠糖尿病と診断されると、自分のことも赤ちゃんのことも心配になります。
でもやっぱり、前を向いて、自分にできることをやるしかないんですよね。

糖尿病と診断された場合のシュミレーションもしていました。

できることをやっていれば、だんだん自分自身も落ち着いてきます。
乗り切りましょう!!

                         
ブログランキング・にほんブログ村へ

-妊娠, 妊娠・出産・産後
-, , ,

Copyright © 2020 育児リズム。 , All Rights Reserved.